訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

反省したこと

ども

かぴ子です

こんにちは

 

窓からほんのりキンモクセイの香りがします

 

いい香りってふっと心をゆるめてくれますね

 

わたしは匂いに敏感なほうで

流行りの柔軟剤とかも苦手で

普段使うものはほとんどが無香料のものなのですが

この前使ったサンプルのシャンプーがいい香りで

これ!好き!ってなって

今のやつがなくなったらこれにしようって楽しみにしてます(*^^*)

 

 

 

さて

この前

長男が欲しいものがあると言いましてね

 

じゃあどうする?って本人と話し合って

 

そのときは

彼の望むように決めたと思ってましたが・・・

 

あとでやり取りを振り返ると

わたしの悪い癖が発動している・・・

 

どうしたい?

それをいつする?

私がこれを質問して彼が答える

 

だけど

このわたし主導の質問

だめやん( ;∀;)

 

彼がどうしたいのか

わたしが知りたがってるだけやん

 

知りたいのはわたし

 

どうするか決めて動きたいのは

わたしやんΣ(゚д゚lll)

 

このときは

話の主導権を握ってはいけなかった場面だ

 

これは彼が彼のペースで決めることでした

 

あーあ

こうやって

彼の考えを邪魔してきたんだなって

反省しております( ;´Д`)

 

まだまだですな( ;´Д`)

 

もう一回

この本読んで修行します