訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

息子と話したいな~(;´Д`)

ども

ごぶさたしてました

かぴ子です

 

放送大学の単位認定試験が終わって

毎日テレビばっかり見てます

 

Amazonの初売りで

ファイヤースティック買ったら

あれもこれも見れるから浮かれちゃって( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

こんな感じで毎日穏やかに暮らしていますが

相変わらずおうち生活の長男

 

これは一年前

kokoro.capi-ba-lalala.com

 

通信制高校に在籍はしてますが

全く課題に手を付けないまま一年が過ぎました

 

このままの状態で来年度を迎えていいのかなと

長男と話したいなと思うのですが

学校の話になると口を閉ざしてしまう

 

話すタイミングや言い方にも気を付けて

事実をだけを伝えようとするけど

うまくいかない

 

スクーリングのこととか

課題のこととか

目の前のこともだけど

 

いまどんなことを思ってるのとか

どうしたいと思ってるのかとか

知りたい

 

そんで

いま

この家は

彼にとって居心地がいいのか

知りたい

 

ひきこもりのライフストーリー (フィギュール彩Ⅱ)

ひきこもりのライフストーリー (フィギュール彩Ⅱ)

  • 作者:保坂 渉
  • 発売日: 2020/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

この本を読み終わって

彼らのつらさって

やっぱりハンパないって思った

 

近道なんてないんだな

 

この本の中に

『ひきこもりの支援といえば~

就労をゴールと決めてしまっていますが

当事者からすると違います

自分のことが認められることや

幸せになることがゴールで

そのために一人一人どう生きていきたいかサポートするのが支援だと思います』

 

うんうん

 

また

『当事者が何に苦しめられているかというと

世間なんです』

 

長男はいま

どうしていいのかわからないのかな

不安でいっぱいなのかな

 

言ってくれれば

母はいつでもウエルカム準備万端なんですがね

 

みんなが監視し合ってるようないまの社会

ひきこもりって 

誰がなってもおかしくないし

他人事ではないんだなと改めて思うのです

 

だから

まずは

目の前にいる長男に

あなたはここにいるだけでいいってメッセージを送り続ける

 

これしかないのかな

 

近道はない

 

 

こんなにごぶさたしてるのに

ここを見に来てくれる方がいて嬉しいです

ありがとうございます(*´ω`)

 

ではまた~

 

 

kokoro.capi-ba-lalala.com