訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

いつか書こうと思ってたこと 障害者殺傷事件について

ども

かぴ子です

こんばんは

 

明日から主人は出勤

早起き生活が始まる~

 

学校が始まるのは水曜からだから

そしたら日常生活に戻ります

 

はあ~

年末年始

長かった(ヽ''ω`)

 

 

 

さて

いつか書こうと思ってたけど

自分が何を言いたいのかもまとまらないし

うまく書ける気がしなくて

ずっと気になっていた件

 

障害者殺傷事件について

 

www.nhk.or.jp

 

事件概要 サイトより

2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区にある知的障害者施設、
津久井やまゆり園」で入所者など45人が次々に刃物で刺された殺傷事件。
入所者19人が死亡、職員2人を含む26人が重軽傷を負った。

殺人事件の犠牲者数としては、戦後最悪とされる。
事件の動機について、逮捕された元職員は「障害者はいなくなればいい」などと、
障害者の存在そのものを否定する供述をした。

 

この

『障害者はいなくなればいい』という言葉が

頭を離れなかった

 

次男に障害があるとわかったとき

何度も考えた

なんで生まれたんだろうって

何度も

何度も

 

今でもわからなくなるけど

 

生まれた意味があるって思いたいけど

 

生まれるのに意味って必要かな

 

ただ

生まれてきてくれただけで

本当に嬉しかった

 

つらいこともいっぱいあったけど

やっぱり

うちの子が一番かわいいって思う

 

できないこともいっぱいあるけど

わたしは

この子にいっぱい幸せもらった

 

それだけでいいのかも

 

 

亡くなった19人の方も

周りの人をいっぱい幸せにしたはず

 

ひとりひとりのエピソード読みたいけど

涙がいっぱい出て

みんなの分読めないよ(ノД`)・゜・。

 

ひとりひとりにストーリーがあって

ひとりひとりに笑いも涙もいっぱいあったはずで

全部違ってて

 

それを

勝手な理屈で

傷つけるなんて許されない

 

こんなふうに

役に立つか立たないかで線引きするという考え方が

とてもこわい

 

明日事故にあって体が不自由になるかもしれないし

あさって病気になって動けなくなるかもしれない

 

長男も

学校に行けなくて

何の役にも立ってないと言われたら?

 

歳を重ねて

余生を過ごすだけになったら?

 

なんて傲慢

 

勝手な理屈で

生きることを止められないよ

 

note.com

 

このnoteを読むと

また胸が苦しくなる

 

私はなにを言いたいのか全然まとまらないけど

この事件は

すごく悲しい

 

うちの子は

ただ

いてくれるだけでいい

 

みんな

そこにいてくれるだけでいい

障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~

障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~

  • 作者:神戸 金史
  • 出版社/メーカー: ブックマン社
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)