訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

ちょっとしたことから自分をゴキゲンにする

どもども

かぴ子です

こんばんは

 

ここ最近

今をゴキゲンに過ごせるように心がけてて

 

エコバッグを気に入ったものに替えたり

プチプラで気に入った服を買ったり

 

あと

嫌だなって思うことから離れたり

できる範囲でね

 

自分が思いついたことを

できるだけ叶えてあげてます

 

でね

初めてインナーカラーに挑戦しました( *´艸`)

 

f:id:capi_ba_lalala:20191205170252p:plain

こんな感じ

 

いらすとやさんに

インナーカラーのイラストがあることにもびっくり(*‘ω‘ *)

 

やってみたいと思ってもなかなか勇気がでなくて

数日間?

数週間?

もんもんとしてましたが

 

『明日死ぬかもしれないからやりたいことやろう』

という謎の決意が湧いてきて(笑)

 

次の日に美容院へ行ってきました

 

んで

めっちゃ嬉しい(*´▽`*)

 

他の人になんか言われたらいやだなとか

わたしみたいなおばさんがやってもどうせ似合わないしとか

いろんなことを妄想してためらってましたが

結果

挑戦してよかった!

 

周りの人に

『似合う』とか『おしゃれ~』って言われて

素直に嬉しい

 

以前の私だったら

『そんなことないよ』とか『どうせ似合わないけどね』とか言って

受け取り拒否してたと思うけど

今回は

そのまま受け取ってみた

なんなら

もっとちょうーだいって欲張ってみた( ̄▽ ̄)

 

逆の立場で

わたしが他の人を褒めたとき

『そんなことないよ』って謙遜されるより

『嬉しい』『ありがとう』ってそのまま受け取ってくれたほうが

わたしも嬉しいもん

 

いろいろ考えすぎてたな

 

もっとシンプルでよかった

 

本当の自分を知られたら

嫌われるに違いない

否定されるに違いない

価値がないのがばれてしまう

っていう

強力な思い込みのせいで

いろんな武器や防具を持って自分を守ってきたけど

重すぎて動けなくなったよ

 

ちょっとずつ武器を置いて

防具を外して

その隙間から外の様子を見てみると

意外と

みんな優しかったよ

失敗しても許してもらえたし

嫌だって言っても許してもらえたし

こうしたいって言ったら受け止めてもらえたよ

 

失敗しても大丈夫

泣いてもいい

子どもみたいでいい

無理に大人ぶらなくてもよかった

 

まだまだこわいけど

すこーしずつ

防具を外してみよう

 

いろいろ外して

かるーくなりたいな

 

子どもみたいにはしゃぎたい

 

うん

わたしはもっとはしゃぎたい(笑)

 

 


 

↑↑これポチりました

気に入ってます( *´艸`)