訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

自閉症の子どもにとっての医療の役割

ども

かぴ子です

こんばんは|^・ω・)/ ♪

 

うーん

 

なんかね

 

毎日追われてます

 

f:id:capi_ba_lalala:20190416175841p:plain

 

働いてるわけでもないのに

毎日どんどん予定が入って

気持ちの余裕がなくなりそうです

 

5月までいっぱいです

 

でも

ToDoメモ使って

ひとつずつやるのみ

 

 

先日

あるお母さんとお会いしまして

あの頃は大変だったよね~という話から

病院の先生との関係についての話になりまして

 

その方のお子さんが思春期の頃

生活が落ち着かず

いろんなことがあったそうです

 

お友達とのトラブルとか

どっか脱走するとか

 

そのときに

主治医の先生(精神科)に相談しても

具体的な対策を教えてくれるわけでもなく

信頼できなくなって

病院を変えようかと考えた時期があったと

 

ふーんって聞いてたけど

 

わたしは

精神科の先生って

診断書もらうときにお世話になる方と思ってたので(笑)

同じ障害でも

考え方は人それぞれなのだなと

改めて感じました

 

 

 

kokoro.capi-ba-lalala.com

 

わたしは

日常の生活する上での支援の仕方などは

療育先やおめめどうで教えてもらって

 

心のもちよう

きょうだい児との関わり

将来のことなどは先輩お母さんに教えてもらいました

 

そのなかで

障害者手帳の更新に必要な診断書をもらうとき

○将来の年金申請のために通院歴を残すため

○脳波の検査をしてもらう

 

また

○二次障害が出たりしてお薬が必要になったとき

 

などに精神科の先生を受診するといいよ

と教えてもらいました

 

 

素直なわたしは(笑)

そのまま取り入れ

言われたとおりにやってきましたが

特に問題なく今に至ってます

 

この先はわかりませんが

いまはとても穏やかに過ごせています

 

この方法がよかったのかも

息子が大人になってからしかわかりませんが

わたしのこころも

穏やかです

 

 

わたしは

相談できる先輩お母さんにつながれて

本当にラッキーでした

 

本当に心強かったですよ

 

不安で不安で仕方なかったとき

この先

そんなに悪くないかもって思えました

 

いま

いろんな人のおかげで

息子は順調に成長できている

 

www.weblio.jp

 

その恩を

その人に返すのではなく

 次の人に送る

 

わたしが

先輩お母さんに助けられた分

次のお母さんの助けになれたらいいなと思うのです