訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

カウンセリングを受けてきた なにを感じてもなにを思ってもいい

どうも

かぴ子です

こんばんは

 

放送大学のテキストがきてから

Amazon prime

読みたい本や見たい動画がたまっています( ̄▽ ̄)

 

www.ten-sura.com

 

これがまだ途中なの~

 

 

さて

きょうはカウンセリングを受けてきました

 

とはいうのものの

最近は近年まれにみる平穏期で

わざわざ自分が苦しい部分をほじるのもなんだかなあって話して

 

少しずつ楽になって

やっとここまできたかって感じだし

せっかくだから

このいい感じをもうちょっと感じていたいって思ってたのですが

 

これまでの経過をカウンセラーさんに話すうちに

また

奥のほうにしまいこんでいた感情がわき上がり

やっぱり愛着のワークを受けることになりました( ̄▽ ̄;)

 

うん

今回もなかなか深い

 

ワーク受けてよかった

 

今回また新たに

自分がどれほどの感情をがまんしていたか

見えてきました

 

まだまだ

自分の感情を丁寧に感じることが必要

 

きょうも

小さい自分をおもいっきり

かわいがろう♡

 

その子には

その価値があるのだ

 

つまり

自分には

その価値があるのだ

 

うん

いい感じ

 

 

いまお世話になっているカウンセラーさんがいつも言われるのは

『自分の感情だからなにを感じてもいい』

『なにを思ってもいい』

『人を嫌ってもいい』

『怒ってもいい』

ということ

 

わざわざ嫌いな人に『嫌い』って言う必要もないけど

嫌いって思うことは構わないと

 

自分が怒りを感じて

それを他の人に向けると攻撃になるけど

自分が怒りの感情を感じるのは構わないと言われます

 

そっかー

 

今までの自分は

『嫌い』と思うことも

『怒り』を感じることも

悪いことのような気がして

その感情を否定してたな

 

自分が自分の感情を否定することは

自分のことを否定することになるよね

 

自分の感情

自分だけはわかってあげないと

自分がかわいそう

 

うん

いい感じ

 

自分ががらっと変わるわけじゃないけど

少しずつ

いい感じ

 

 

で 

帰りに

『春の服が欲しい(≧▽≦)』って思って

ユニクロに寄り道しました

 

わたしね

本当はヒールの靴をコツコツいわせて歩くことに憧れがあって

 

きれいな女の人なイメージで( *´艸`)

 

いい大人だからもちろん履いたことはありますよ

冠婚葬祭とか

 

でも普段は

『どうせわたしには似合わないしな』って思って

スニーカーやペタンコ靴しか履けなかったのですが

 

 なんかきょうから履いてみたいって思って

 

買ってみました!

 

www.uniqlo.com

 

お値段もお手頃だったしね

 

なんだかワクワクします(*´з`)

 

この春は

コツコツいわせて

大人な感じで

いってみたいと思いまーす♪