訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

人間ドックを受けてきた!太った自分も許せた日

どうも

かぴ子です

こんにちは

 

えーっと

春ですかね🌸( ̄▽ ̄= ̄▽ ̄)🌸

 

明らかに数日前より日差しが強い気がする~

 

そろそろヒートテックも脱いでいいですかね

(誰に聞いてる?)

 

 

先週は

人間ドックを受けてきました

 

今回は本当に本当に行くのが億劫で・・・( ;´Д`)

 

 

 

それは

太ったから(爆)!!

 

わたしね

結構重度の子宮内膜症

薬を飲んでおりまして

 

薬を飲み始めて4年近くなるかな

 

その薬を飲み始めて

びっくりする速度で体重増加しました(;´Д`)

 

15キロ・・・

 

どんなに気を付けても

増える体重

空気も水もカロリーありますかってくらい( ;´Д`)

 

だから

それを指摘されるのがどうしてもいやだったのです

 

前回の人間ドックが2年前

そのときもすでに体重増加してたので

体重やら腹囲やら診察やら

いろんなところで体重のことを言われてて

『そんなんわかっとるわい<(`^´)>!』って思って

なんかすごく悲しかったのですよ

 

もちろん体重のことは気をつけてたけど

前回よりさらに体重増えてるから

また言われるのか~って

憂鬱で憂鬱で

 

なんでこんなにいやなんだろうって

また自分なりにほじくり返して

 

体重が増えたわたしはダメな人間だって思ってたみたいです

 

体重が増える

⇒自己管理ができない

⇒ダメな人間

 

だから体重のことを指摘されることは

自分のことを否定されたように感じてました

 

思い返せば

体重が増え始めてから

ずっとこんな気持ちでした

 

体重のことが気になって

おいしいものを食べてるときも

どこかに罪悪感があったし

 

もっと言えば

食べるたびに

『また食べてしまった』と

食べたことを後悔したり

 

体重を減らすことができない自分のことが

好きではありませんでした

 

 

 

みんなに体重のことを指摘されるイメージのまま人間ドック当日

 

勝手にピリピリして

ちょっとぶすっとしてたかもしれないけど

たんたんと進む諸検査

 

あれ?

わたしの体重なんて

そんなに気にされてないぞ

 

あれ?

 

あれ?

 

むしろみんな優しい

 

最後は胃透視の検査で台ごとぐりぐり回され無事終了

 

昼食後に

検査結果の説明

 

皮下脂肪が多いから中性脂肪の値はちょっと高いけど

それ以外は異常なし!

 

むしろ前回よりいい感じ(´ω`*)

 

こんなに太っちゃったけど

わたしの体は毎日元気に動いてくれてたんだなあって

不思議と

感謝の気持ちが自然に湧いてきました

 

 

でね

太ったことが本当にいやで

実は

ブログを始めたと同時に

糖質制限も始めてまして

すこーしずつ体重も減ってまして

 

-5キロ程度ですが・・・

 

血液検査の結果がよかったのは

そのおかげかもしれないって思って

 

ああ

少しずつでも頑張って糖質制限してよかったなって思えて

 

自分えらいやんって思えました

 

でもまだ自分をほめるのは慣れてないから

小さい自分を登場させて

その子をほめる

 

よしよし

よく頑張ったねーって

 

心なしか

小さい自分

喜んでる気がする

 

やっと

太ってるけどOKって思えた

 

太ってても

太ってなくても

自分OKやね(´ω`*)

 

どんな自分でもOKやね(´ω`*)