訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

不登校からひきこもりになったらどうしよう 募る不安( ;´Д`)

どうも

かぴ子です

こんばんは

 

きょうはバレンタインデー

主人、長男、次男にチョコレート買ってきました

 

主人にあげるやつは

わたしも食べたいやつ( *´艸`)

 

そして

きょうも

たんたんと過ぎました

 

 

昨日偶然見たハートネットTV

www.nhk.or.jp

 

一気に不安になる

 

このまま

長男がひきこもりになったら・・・

 

親が死んだらどうなる・・・

 

いつもは

ひきこもりにはならないと思うけど

こんなテレビを見ると

不安スイッチが入る

 

この中に登場する

ひきこもり当事者のひろゆきさんとそのお母さんの会話

 

全然かみあってない( ;´Д`)

 

息子さんがほしい関わり

お母さんがよかれと思った関わり

 

違ってた

 

~本文より~

母親「あなたが回復に向かうためには、一体家で私の役割はどうあるべきと。」
ひろきさん「安心感を与える。で、共感すると。」
母親「共感とか安心感なんか、悪いけど、私の得意分野じゃない。」
ひろきさん「私が感じてない以上は、それは失敗してるっていうことですよ。」

 

そうなんよね

 

お母さんは安心感を与えたつもり

 

息子さんは受けとってない

 

あげたものと

欲しいものが違う

 

どうすりゃいいんだ

 

わたしと長男の間も

こんな感じなのかな

 

精一杯

あなたが大切と伝えたつもりだけど

伝え方

違うのかな

長男が欲しいものではなかったのかな

 

もう

なにがよくて

なにが悪いのか

わかんないや

 

でも

長男が大切であることは絶対

 

少しずつ

世間がどうこうじゃなくて

よかれと思ってじゃなくて

 

お母さんはこう思う

 

あなたはどうしたい?

 

という気持ちで接してきたつもり

 

 

つもり・・・

 

つもり・・・

 

ぐるぐるぐるぐる

 

 

 

んー

でも

まだ起きてもいないことで不安になってもしゃーない

 

ひきこもりに

なるかもしれないけど

ならないかもしれない

 

もしもひきこもりになったら

 

そのとき考えよう

 

いま

できることをやろう

 

いま

精一杯

あなたが大切だと伝えよう

 

動きだすエネルギーが貯まるまで

充電だな