訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症、わたしは愛着のカウンセリング受けながら自分を育て直し中。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。現在は放送大学で心理学を勉強しながらカウンセラーの修行中。

学校にいけない子どものこころ

どうも

かぴ子です

こんにちは

 

うちの長男くん

相変わらずおうち生活

 

いろいろ心配すればきりがないけど

あんまり先のことばかり考えても

不安が募るだけなので

『今』を生きています

 

ときどき入ってくる悲しいニュース

 

つらいなあ(;_:)

 

 

読んでみたいと思ってた本

 

学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス)

学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス)

 

 

作者さんの記事を見つけました

 

www.tokyo-np.co.jp

note.mu

 

小さなからだで

本当にいろいろなことで消耗してる

 

繊細なこころ

 

リアルで苦しい

 

 

 

子どもが学校に行けなくなると

たいていの親は慌てるのかな

 

みんなが行けている学校へ

自分の子どもだけが行けなくなると

まずは原因探しをしてしまう

 

でも

明確な原因なんてないみたい

 

いろんなことがからまって

疲れ切ってしまった子ども

 

 

とにかく

安全な場所で

守ってあげてほしい

 

学校に行けない子どもたちがたくさんいること

 

学校に行けなくてもちゃんと大人になれること

 

知っていれば

悲しいニュースは減るかな

 

学校に行けないことは

悪いことじゃないよ

 

学校がすべてじゃない

 

そういえば

以前あったドラマ

www.fujitv.co.jp

 

『すべての子どもが大人になれますように』

 

このセリフが忘れられません

 

子どもはみんなたくさんの可能性がある

 

みんなに素敵な大人になってほしい