訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。

突然、母がやってきました

どうも

かぴ子です

こんばんは

 

きょうは

主人の親戚ファミリーがやってきました

 

今年は事前に心構えできてたから余裕

 

去年は油断しまくってて

お年玉も準備せず寝転んでいたところ

急に訪ねてこられたので

死ぬほど慌てました(  ̄▽ ̄)

 

私はやっぱり

家に誰かが来るのは苦手だな~

 

なんか

自分の安心できる場所が

安心できなくなる感じ

 

まだまだ

素の自分を見られることがこわいのかな

 

うん

こわいな

 

まだまだカッコつけてますな

 

まー

これも今の自分

認めよう

 

 

そして

急に母がやってきた

玄関開けて

元気に『あけましておめでとー!』

私が玄関に現れるまで

いろいろしゃべり続けます

 

息子たちにお年玉を持ってきてくれました

 

ありがたく受け取るm(._.)m

 

ひとしきりしゃべって

じゃ

と言って帰りました

 

 

私が聴き役に徹すればなにも問題ない

 

孫にお年玉をあげたいという

母の気持ちも理解できる

 

なにかしてあげたいという気持ちも理解できる

 

私の自我状態がフラットな状態なら聴ける

 

他の人の愚痴とか聴いてるときみたいに

ただ

『あなたはそう思うんだね』と

相手の話を聴く

 

でも

つい

小さい私が反応するよね

『私の話も聴いてよ(;_;)』

『私の心配してよ(;_;)』

 

甘えたかった

 

母の顔色気にせずに

甘えたかった

 

私の息子たちにではなく

私に

母の気持ちを向けてほしかった

 

 

小さい私の感情に気づけたこと

よしとしよう

 

この感情を

ごまかさずに感じよう

 

ちょっとさみしい気持ちになったけど

私は

私のままで大丈夫と

もう知っている

 

大丈夫だ

 

明日もいい日になる

 

明日もいい日にするのだ