訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。

押し込んだ感情を思い出してみる

わたし

週に一回

親子療育教室のお手伝いに行ってます

 

まだ診断前のお子さんが対象ということで

私が自閉症の子どもの母ということは伏せて参加しています

 

参加されてるお母さんたちの困りごとを聴いたり

きょうだい児さんを見ててあげたりするだけです

 

うちの次男も診断前にこの教室に通っていました

 

なので

行くたびにそのときの感情を思い出して

ざわざわするのです

 

あの頃の自分の感情がシンクロするのか

不安でいっぱいになったり

だからそれをなんとかしてあげたいと思ったり

必要以上に反応している自分がいます

 

ちゃんと感じてこなかった感情があるんだろう

 

診断前後の私はまだ

『~べき』『~ねば』にとらわれていて

『悲しくても頑張って乗り越えなければ』

と思っていました

 

子どもに障害があっても

私は負けないとか(誰に?)

それでも立派なお母さんに見られたい(誰に?)と意地になってんだろうな

 

恥ずかしながら

障害に対する差別の気持ちもあったと思う

 

まさか自分の子どもが障害児とは

 

みんなと同じ『普通』というレールから外れる

不安

恐怖

悲しみ

 

障害のことを知らないから感じたんだろうけど

 

でもそれを感じることは悪いことだと思ってたんだろう

 

私はその感情に蓋をした

 

 

あの頃

感じてあげればよかった

自分だけは

自分の気持ちをわかってあげればよかった

 

悲しかった

こわかった

誰かに助けてほしかった

 

あの頃の気持ちに戻って

感じてみる

 

わたし

えらかった(*´д`*)

よしよし(*´д`*)ヾ(・ω・`)

悲しくていいんだよ(*´д`*)

弱くていいんだよ(*´д`*)

 

 

 

わたしは

なんとかしてあげることはできないけど

今のお母さんたちの不安な気持ちに寄り添うだけ

 

 

今は

不安だけど

悲しいけど

こわいけど

 

しっかり感じて

 

ダイジョウブだよ~

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村