訳アリ男児母のこころ模様

長男は不登校、次男は知的障害を伴う自閉症。そんな母が感じたこと、考えたことをその日の気分でつづっていきます。

そのまま受けとる

きょうは、サッカー部で一緒のお母さんがプリントを届けてくれました

 

そして、今度の大会へ向けて

部員の子たちが

即戦力として長男に来てほしいと言ってること

ほかのお母さんたちも心配してるよ

と言ってくれました

 

私、やっぱり無意識に平気なふりをしてたけど

なんかもういいやって思って

ダサい自分でいいを思い出して

 

そのまま受けとってみた

 

 

涙でた

初めて専門家さんのところで不登校の相談して以来

初めて泣いた

カッコ悪い・・・(´Д⊂ヽ

 

そして

本当は私は長男がサッカーしてるところが見たいって言った

また泣いた

みんなに迷惑かけるとか

みんながおいでって言ってくれてるとかじゃなくて

私は長男がサッカーしてるところが見たい

初めて言えた

 

どんだけ強がってた?私・・・

 

心配なんてしてもらわなくて大丈夫

 子どもが不登校でもぶれない強いお母さん

に見られたかったんだろうけど

 

もういい

 

弱くていい

 

優しくしてくれるのに

受けとってなかったのは自分

自分が受けとらないくせに

自分は優しくしてもらえないってすねてたのは自分

 

受けとり拒否は疲れるね

 

そのまま受けとったら

人にもあげたくなった

 

Nさん、ありがとう(*´ω`*)

 

これは私の気持ち

 

長男が行くかどうかは彼自信が決めること

 

私は長男がサッカーしてるところが見たい

 

以上!